自己破産時と破産後の過払い金請求は弁護士依頼するべき

自己破産をする時は弁護士に

自己破産は債務整理の方法の一つで裁判所で免責手続きをして免責が下りれば債務の返済を免除されます。債務の原因が投資によるものだったり、浪費による債務である場合返済できる能力がある場合は免責は下りません。自己破産の為の手続きをするのには必ず弁護士などの専門家を通さないといけない訳ではありません。しかし慣れていない人が一人で行うのは大変なので、弁護士に依頼して手続きを行うサポートをしてもらった方が良いです。また債務が返済できずに自己破産しかないと思っていても専門家に相談してみると他の任意整理や個人再生の方が良いという場合もあります。自分では自己破産が適切だと思っても違う事もあるので、専門家である弁護士に一度相談すると良いです。債務に関する相談や手続きの依頼をした時の弁護士費用は法律事務所や弁護士によって違うので、相談前に確認しておくと良いです。

自己破産後の過払い金請求

過払い金があったにも関わらず自己破産が成立した場合はその後に過払い金請求をする事も可能です。しかし自己破産をする段階で過払い金がある事を知りながら敢えて請求せずに後になって請求する事はできません。過去に自己破産をしたものの過払い金があった可能性があれば過払い金の有無をまずは弁護士調べてもらうと良いです。もし過払い金があれば弁護士依頼して過払い金請求をする事は可能ですが、過払い金の時効は10年です。そのため支払いを停止してから10年以上が経過している場合は過払い金を請求する事はできません。

借金で困っている方は自己破産を行うと借金が免除されます。しかし、弁護士ときちんと相談して慎重に行うべき手段です。