日商簿記試験!合格のための勉強方法とは?

簿記2級を目指しましょう

日商簿記試験は、級ごとに受験が可能です。一般的には、社会人が受験するのが3級と2級が大部分。さらに上の級は、専門性が非常に高くなってきます。初めて簿記試験の取得を目指す場合には、3級からという方が多いのですが、実は、ビジネスで認められるのは2級以上から。というのも、3級は一夜漬けでも合格してしまったり、商業高校で取得するレベルとほぼ同等だからです。せっかく勉強するのですから、2級取得を目指してみませんか?

簿記3級と2級の違いは?

簿記3級は、商業簿記と呼ばれるもので、一般的な商店(小売店)で使える知識と考えるとよいでしょう。売り買いについての知識となります。それほど専門性は高くありませんので、履歴書に記載してもあまりアピール力は高くなく、自分の武器として使えるのは2級からです。2級になると商業簿記だけでなく工業簿記についても学びます。つまり、商店の前の工場や流通、生産についても学んでいきます。経理の仕事につきたいということであれば、2級取得が必須になります。

3級は2級に必要な土台

2級取得のためには、2級対策の学習をすればいいと思いがちですが、そうではありません。簿記の勉強は自転車の乗り方を学ぶようなものといわれています。つまり、だれでも乗れるし、一度乗れればそれほど難しくないわけです。3級試験はその大事な土台の部分を学びます。3級を軽んじて、いきなり2級を学ぶと十分に理解できなかったり、あるいは挫折てしまったり、ということになりがちなんです。急がば回れの精神で、3級を正しく勉強したうえで、2級を目指すのが賢い社会人の学習方法です。

簿記の講座の内容は、精算表や貸借対照表など、実務に用いられることの多いものを中心に学ぶことができます。