税理士はどうやって取得する?科目合格があるって本当?

会計科目と税法科目に合格しないといけない

税理士試験は、5科目合格してやっと合格できます。他の国家試験と違うのは、科目合格が認められているところでしょう。1科目ずつ5年かけて合格する方法もありますし、5科目を1年で合格する方法もあります。一つ一つの科目が非常に難しいので、今は5科目一度に合格する人がいないとされています。勉強の仕方としては、まずは会計科目の合格を目指します。簿記論は、唯一理論問題が出題されません。計算問題のみです。財務諸表論は理論が出されますが、簿記論に近い計算問題が出題されます。ですから勉強の範囲が非常に近いです。この2つの科目の合格を先に狙って、それができたら税法科目に移っていきます。所得税と法人税のどちらかの選択以外は、自由に科目が選べます。

計算問題と暗記問題に分けて勉強する

税理士試験では、会計科目と税法科目があります。簿記論は計算問題のみですが、財務諸表論、税法は理論と計算問題が出題されます。理論問題は、条文を覚えたり、一般的な理論を覚えて記述していきます。穴埋め問題などの易しい問題ではなく、法律の文面をほぼそのまま書かないと合格点がもらえません。とにかく暗記をする必要があります。一方、計算問題は、いろいろな計算方法を覚えたうえで、適切に計算をしないといけません。こちらも簡単に解けるわけではありません。計算問題と暗記問題をバランスよく勉強する必要があります。暗記問題は1日一つの課題を覚えていくようにします。これを繰り返して解答力を磨きます。計算問題は、過去問題などを利用して、実践的に解くようにします。

税理士の講座を受講するにあたり、確定申告の効率の良い手続きの取り方や税務調査に対する備えを良く考えることが大事です。