取得しておいて損しない!ビジネスに役立つ資格3選

ITに強くなる資格を取得する

ビジネスに役立つ資格として適しているのがITパスポートの資格です。ITパスポートとはITについての能力を証明する国家試験となっています。セキュリティーやネットワークのようなIT系の知識だけでなく、経営戦略やマーケティングといった経営に役立つ知識が問われるでしょう。この資格を取得すればITの能力が高くなります。特にエンジニアの職業に就いている人は受けておくべき試験でしょう。

企画力を上げてビジネスに役立てる

ウェブ解析士やビジネス統計スペシャリスト、高齢社会の検定などの資格は企画やマーケティングに役立ちます。情報を分析する能力や統計データをビジネスに応用する能力、高齢者をターゲットにしたビジネス戦略が身に付くでしょう。この能力が身に付けば自社の商品が、どの層から人気を集めていて誰をターゲットにすればよいのかが理解しやすくなります。企画や広報を務めている人以外に営業を行っている人にも役立つ資格と言えるでしょう。

プレゼン力を身に付けてビジネスを成功させる

ビジネスマンに欠かせないスキルがプレゼンテーションを行う能力です。この能力が高ければ自分の企画が通りやすくなります。ビジネス文書技能検定や色彩検定であればプレゼンテーションに役立つ能力が身に付きます。具体的に言えばビジネス文書技能検定では正しい文章の書き方や相手に伝わりやすい文章の構成を学べるでしょう。色彩検定ではプレゼンの書類を書くときに相手に読んでもらいやすい色の使い方を知ることができます。この色彩検定はプレゼン以外にも広報担当が宣伝するときや営業の人が資料を見やすくする場合にも役立ちます。

社労士の講座では、社会保険や労働関係の法令について詳しく学ぶことができ、試験対策を立てるうえで大きな役に立ちます。